雨待ち

メタファーじゃないです

青春とは

青春とは何を指すのか。どうしようもなく胸が高鳴って思い出すだけで涙が出てしまうようなことなのかなと思った。決してキラキラなんてしていない、青臭くて真っ直ぐに捻くれている。

珈琲から派生して

苦くて飲めたもんじゃなかったコーヒーがいつの間にか飲めるようになっていて、いつの間にか 飲める から 飲みたい になった。多くの子どもがピーマンを嫌いな理由をテレビでは苦み=毒と認識するからだと言っていた。多分本当なんだと思う。その原理で言っ…

匂い

匂いと記憶はとんでもなく強い繋がりがあると思っている いつか読んだ英文でもそんな話を見たことがある気がする 金木犀の香りがすればオレンジ色の花で敷きつめられた幼稚園の園庭を母と歩いた記憶がふっと蘇る 春の強い風の中の土や植物の匂いは心臓とお腹…

九年前

九年前の四月の終わり おじいちゃんは亡くなったその年の春休み、私たちはおじいちゃんおばあちゃんと一緒に旅行に行った。おじいちゃんは車椅子に乗っていて、昔からいつもフィルムの一眼レフを首から下げていた。みんなで熊本城の桜を見て、屋台でチョコバ…

2月2日

顔の体操を半月やらなかったら二重顎になりやすくなった。朝起きると頭や肩が痛かった。いい天気だったから玄関先で陽を浴びた。そのついでにラジオ体操をしたら身体が軽くなった。気持ちも明るくなった。退塾するときは担当の講師に連絡先を教えてもらうこ…

手紙

塾の先生に手紙を書いた。2年間ありがとうございましたってそれだけの内容を書くのに1時間もかかってしまってどうしようもないなと思った。なんだかんだ優しい人だったけど、やっぱり生きてきた世界だとか他者との関わり方とかが根本的に私とは違う人だなと…